ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
キュウセイ チュウスイエン ニタイスル フククウキョウ シュジュツ デ シンダンシタ Fitz - Hugh - Curtis ショウコウグン ( FHCS ) ノ イチレイ
タイトル別表記
Fitz-Hugh-Curtis Syndrome Diagnosed During Laparoscopic Appendectomy for Acute Appendicitis
ファイル
言語
日本語
属性
症例報告
著者
石飛 一成 島根大学医学部消化器・総合外科学講座
平山 昂仙 島根大学医学部消化器・総合外科学講座
百留 亮治 島根大学医学部消化器・総合外科学講座
山本 徹 島根大学医学部消化器・総合外科学講座
藤井 雄介 島根大学医学部消化器・総合外科学講座
平原 典幸 島根大学医学部消化器・総合外科学講座
田島 義証 島根大学医学部消化器・総合外科学講座
内容記述(抄録等)
症例は30歳女性。心窩部痛を主訴に当院を受診。右下腹部に圧痛を認め、腹部造影CTで腫大した虫垂および肝被膜の濃染像を認めた。肝周囲の観察および整容性を考慮して単孔式腹腔鏡手術を施行した。蜂窩織性虫垂炎と肝周囲炎を認め、定型的に虫垂切除を行い、術中所見および術後の抗原・抗体検査からFitz-Hugh-Curtis 症候群(FHCS)の併発と診断した。FHCSは、女性生殖器から侵入したクラミジアにより骨盤内腹膜炎・肝周囲炎を呈する感染症で、性感染症の蔓延に伴って増加傾向にある。若年女性の急性腹症では本疾患も鑑別診断として考慮され、急性虫垂炎を伴った自験例において単孔式腹腔鏡手術は術中の肝周囲の観察と若年女性に対する整容性の面で有用であった。
主題
Fitz-Hugh-Curtis 症候群
クラミジア
急性虫垂炎
腹腔鏡手術
Fitz-Hugh-Curtis syndrome
chlamydia trachomatis
acute appendicitis
laparoscopic surgery
掲載誌名
島根大学医学部紀要
42
開始ページ
47
終了ページ
50
ISSN
1880084X
発行日
2020-03
NCID
AA12049432
出版者
島根大学医学部
出版者別表記
Faculty of Medicine, Shimane University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
権利関係
島根大学医学部
著者版/出版社版
出版社版
部局
医学部