ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
シマネ ケンナイ ノ カンゴシ ノ キャリア ニーズ ト シュウシ カテイ カンゴガク センコウ ニ タイスル ニンシキ
タイトル別表記
Recognition among nurses in Shimane for the career development and the master course of Shimane University
ファイル
言語
日本語
属性
短報
著者
小林 裕太
樽井 惠美子
長田 京子
内容記述(抄録等)
The aim of this study was to define the recognition for the career development and the nursing master course of our university among Shimane prefecture nurses. We analyzed data from 1,507 nurses. Rate of recognition about each course of our master program was 20% for nurses. Recognition of the day and night classes, long-term course, and the requirement for the entrance examination was 23 %, 11 %, 27%, respectively. We found that the information about our master course was not spread throughout nurses in their workplaces. Though there were 217 nurses who met the requirement for the entrance examination of the master course, there were only 20 nurses who hoped to go to our master course. Many applicants of the master course wished to become a specialist of oncology nursing, critical patients care and so on, while continuing their present job. They also wanted a support system to be organized by their hospitals or institution.
島根県内の看護師のキャリア・ニーズと本学医学系研究科修士課程看護学専攻に対する現状認識を明らかにし,キャリア支援の検討資料とすることを目的として,協力の得られた県内30機関の1,959人の看護師(保健師・助産師を含む)を対象にアンケート調査を実施した。回収した1,507名について分析を行った結果,修士課程の各コースの認知度は20%前後,昼夜開講制は23%,長期履修制度は11%,受験資格は27%で,現場の看護師の認知度は非常に低いことが明らかとなった。大学卒業者,保健師・助産師等の受験資格を有する看護師は217名であったが,その内,修士課程への進学希望者はわずか20名であった。逆に,現行の受験資格は満たさないが,修士課程への進学を希望する者が61名あった。進学希望者は,在職のままでがん看護や重症者ケアなどのスペシャリストを志向する者が多く,職場の支援体制の整備を求めていた。
主題
看護職
キャリア
大学院教育
nurse
master course
career development
掲載誌名
島根大学医学部紀要
31
開始ページ
59
終了ページ
64
ISSN
1880084X
発行日
2008-12-01
NCID
AA12049432
出版者
島根大学医学部
出版者別表記
Shimane University Faculty of Medicine
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e7643
e19122
部局
医学部