ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
カンゴ キソ キョウイク ニオケル エイセイガクテキ テアライ エンシュウ ノ キョウイク コウカ : テアライ コウカ ノ シカクカ ヲ ドウニュウ シタ キョウイク ホウホウ ノ ジッセン ト ソノ ヒョウカ
タイトル別表記
The effects of the teaching method on hygiene hand-washing : evaluation of the practice method to visualize the effect of hand-washing
ファイル
言語
日本語
属性
原著論文
著者
小野田 舞
小林 裕太
長田 京子
樽井 惠美子
内容記述(抄録等)
We did the teaching method to visualize the effect of hygienic hand-washing. Then, education effects to the students were evaluated from the points of the acquisition of knowledge and the technique, and self-report on the washing practice during following nursing clinical laboratory course. The following results were obtained. The student compared the effect of hygienic hand-washing with their usual hand-washing, and acquired the knowledge and technique of hygienic hand-washing. They found visually the occurrence of washing-leaving area and the remaining of bacillus on the hand with their technique. They understood the importance of the infection prevention for the patient and their own technical problems for prevention of infection. Many students did hygienic hand-washing in their following nursing clinical laboratory course. However, there were some students who could not appropriately do the washing. More concrete guidance to the students is necessary for the establishment for the prevention of infection.
感染予防のエビデンスに基づいた確実な手洗い技術の習得を目指して,学生の手洗いの効果を視覚的に提示する教育方法を実践した。学生に対する教育効果を知識と技術の習得と,その後の臨地実習における実践の側面から検討し,以下の結果を得た。学生は,「普段の手洗い」と「衛生学的手洗い」を比べ,確実な実践での効果を客観的に振り返ることで,知識や手技の獲得につながった。「衛生学的手洗い」の正確な実践は1回の演習では難しく,洗い残しや細菌の残存を実感していた。それにより,患者への感染予防効果や,今後の感染予防に対する課題を発見するなど,感染}防に関する理解を深めていた。臨地実習の場における手洗いの実践は.他大学の実態調査に比べて明らかに高かった。しかし,中には隣地実習で適切な手洗いのできない学生もおり,具体的な行動をイメージできるような感染予防についてのさらなる指導の必要性を示唆している。
主題
手指衛生
感染予防策
看護教育
hand hygiene
infection precautions
nursing education
掲載誌名
島根大学医学部紀要
30
開始ページ
11
終了ページ
16
ISSN
1880084X
発行日
2007-12-01
NCID
AA12049432
出版者
島根大学医学部
出版者別表記
Shimane University Faculty of Medicine
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e658
e19123
e6880
部局
医学部