ダウンロード数 : ?
ファイル
言語
日本語
タイトルヨミ
ジョウネツ オヨビ バイセン ショリ ノ オンド オヨビ ジカン ガ アカメガシワ ハチャ ニ オヨボス エイキョウ
タイトル別表記
The effects of steaming and roasting temperature and time on mallotus bark (Mallotus japonicus) tea leaves
著者
山下 稚香子
三島 晶太
内容記述(抄録等)
The effects of steaming and roasting temperature and time on mallotus bark (Mallotus japonicus) tea leaves were investigated. The characteristics we analyzed were color tone, soluble polyphenol content, and 2,2-diphenyl-1-picrylhydrazyl (DPPH) radical capture activity. We observed that roasting had greater effects on tea leaves than did steaming. We concluded that the suitable roasting temperature was below 200°C for ensuring ideal soluble polyphenol content and DPPH radical capture activity. For optimal color fading, the suitable roasting temperature was below 150°C.
掲載誌名
日本食生活学会誌
25
1
開始ページ
13
終了ページ
19
ISSN
1346-9770
ISSN(Online)
1881-2368
発行日
2014
DOI
出版者
日本食生活学会
出版者ヨミ
ニホン ショクセイカツ ガッカイ
出版者別表記
THE JAPAN ASSOCIATION FOR THE INTEGRATED STUDY OF DIETARY HABITS
資料タイプ
学術雑誌論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e26027
部局
生物資源科学部