タイトルヨミ
ヘキ チ ショウキボ フクシキ キョウイク ニ カンスル ケントウ イチ フクシキ キョウイク ケンシュウ コウザ デノ キョウドウ ケンキュウ ヲ テガカリ ト シテ
タイトル別表記
Some Thoughts on Rural Education and small School
ファイル
言語
日本語
著者
権藤 誠剛 島根大学教育学部教育学研究室
内容記述(抄録等)
現場の先生方との共同研究を手がかりに、へき地・小規模校・複式教育のこれからのあり方と教育課題について検討した。多様な表現力の育成するには集合学習や交流学習と並んでメディア等による教室を越え九「学習の共同化」の新たな可能性も考えられる。また、自己表出や発言の問題は、表現や活動の内容や方法の側面が課題であると同時にそこには集団・人間関係の隠れた力が作用している。さらに、「学び」「問い」の意義とべクトルについて「教える」こととの新たな関係の中からとらえていく必要性がある。
主題
持ち込み授業
少人数
学習の共同化
人間関係
子どもの問い
掲載誌名
島根大学教育実践研究
10
開始ページ
7
終了ページ
20
ISSN
0917-1487
発行日
1999-03-31
出版者
島根大学教育学部附属教育実践研究指導センター
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
教育学部