ID 6556
タイトルヨミ
リンショウ カンゴシ ノ カンゴ ジッセン ノウリョク ト シャカイテキ スキル ノ ハッタツ
タイトル別表記
Development of nurses with nursing performance and social skills
ファイル
言語
日本語
著者
増原 清子
樽井 惠美子
長田 京子
長沢 淑子
内容記述(抄録等)
The purpose of this study was to investigate the effect of social skills on nursing performance of clinical nurses. Data were collected with 213 nurses of a hospital using questionnaires about nursing performance and social skills in October 2005, and analyzed to find the subjective evaluation scores of nursing performance and social skills, and to identify the relationship between them by years of nursing experience. Results showed both nursing performance and social skills likely increased with the period of the experience. About the relationship between them, there are signiflcantly high correlation with all survey items for nurscs of 21 and over and 4-10 years of nursing experience, and between planning skill and education/evaluation dimension of nursing performance for those of 0-3, and between advanccd skill and readership and critical care of nursing performance for those of 11-20. Although social skills effects unequally on development of nursing performance, our flndings suggest social skilIs effects on the stage of career which has the expected nursing performance.
 この研究は,臨床看護師の看護実践能力の獲得に対する社会的スキルの影響を明らかにすることを日的としている。平成17年10月,同一施設の全看護師380名に質問紙を配布し,回答のあった213名の看護実践能力と社会的スキルの主観的評価得点および経験年数の区分けごとに両者の関連性を分析した。その結果,看護実践能力,社会的スキル共に経験年数が上がるに連れて主観的評価は高まる傾向が見られた。両者の関連については,21年以上経験群および4-lO年経験群で全調査項目について,O-3年群は計画スキルと教育/協働の実践能力の側面間に,ll-20年群は高度なスキルとリーダーシップおよびクリティカルケアにおける実践能力の側面との間に強い相関を認めた。以上より,社会的スキルは看護実践能力の発達に一様に影響するのではなく,キャリア発達に伴って期待される実践能力の側面に対応して影響を及ぼすものと推測された。
掲載誌名
島根大学医学部紀要
30
開始ページ
51
終了ページ
57
ISSN
1880084X
発行日
2007-12-01
NCID
AA12049432
出版者
島根大学医学部
出版者別表記
Shimane University Faculty of Medicine
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
医学部 附属病院
医学部