ダウンロード数 : ?
ファイル
言語
日本語
タイトルヨミ
セッショク ショウガイ ノ チリョウ ニ オケル ショウニカ ト セイシンカ ノ レンケイ : コンサルテーション リエゾン ノ ケイケン カラ
タイトル別表記
Experiences of Consultation-Liaison Psychiatric Intervention for Patients with Anorexia Nervosa in a Pediatric Ward
属性
経験
著者
Furuya, Motohide
安田 英彰
内容記述(抄録等)
コンサルテーション・リエゾン精神医学の立場から,小児科病棟において小児科医と共同して,摂食障害の治療を行った経験を報告した。小児科医が主として身体管理を行い,精神療法的アプローチを精神科医が担当する役割分担で,治療を行う利点について述べた。精神科医が関与する際には,精神科への紹介の時点で,本人,両親への説明と治療への動機付けをきちんとなされることが重要と思われた。また治療過程においては,スタッフ間で密な連携を取ることが重要であった。児童精神科医の少ない現状では,小児科医と精神科医がそれぞれの役割をうまく補い合うことで,小児の精神医学的問題に十分対応していける可能性を述べた。
We reported an experience of liaison psychiatric intervention for nine adolescent cases with anorexia nervosa in a pediatric ward. Pediatricians mainly treated physical problems, and psychiatrists treated psychological problems. In the therapeutic process, closer cooperation was needed among pediatricians, psychiatrists, nursing staff, and parents, because the treatment usually took a long time. In the pediatric ward, we discussed methods of desirable approaches to psychological and behavioral problems. It was suggested that cooperative treatment was useful for pediatric or adolescent patients suffering from psychological and physical problems, such as anorexia nervosa.
主題
摂食障害
コンサルテーション・リエゾン精神医学
小児科病棟
小児科医
Anorexia nervosa
consultation-liaison psychiatry
Pediatric ward
Pediatrician
掲載誌名
総合病院精神医学
19
3
開始ページ
325
終了ページ
332
ISSN
09155872
発行日
2007-09-19
医中誌 ID
NCID
AN10398829
出版者
日本総合病院精神医学会
出版者別表記
Japanese Society of General Hospital Psychiatry
資料タイプ
学術雑誌論文
ファイル形式
PDF
権利関係
Copyright © 2007 by The Japanese Society of General Hospital Psychiatry
著者版/出版社版
出版社版
業績ID
e30912
部局
医学部
このエントリーをはてなブックマークに追加