Title Transcription
セイガンケン ノ ホウリ ト ゲンジツ 2 ゲ ニシドイツ セイガン イインカイホウ ノ ショ モンダイ
Title Alternative
Theorie des Petitionsrecht und seine Wirklichkeit(II-2) : Probleme uber PetAusschG in BRD
File
Thumnail a001003401h003.pdf 3.25 MB ( 限定公開 )
language
jpn
Author
Watanabe, Hisamaru
Description
一 請願委員法の成立過程
 1 第四会期
 2 第五会期
 3 第六会期
 4 第七会期
二 改革論争をめぐって
 1 請願委員会の権限強化かオムブズマンの導入
 2 比較は自国の政治改革にとって有効か
 3 オムブズマンは立法改正に有効か
三 中間報告書の検討
 1 憲法改革問題調査委員会の任務等
 2 請願権の諸問題
 3 オムブズマンの諸問題(以上第三三巻第四号)
四 改革諸案をめぐって
 1 第五会期案
 2 第六会期案
 3 第七会期案
五 請願委員会法の検討
 1 原法案の提案理由等
 2 本法の内容と意義
 3 本法の問題点と残された課題
 おわりに(以上今号)
Journal Title
島大法学
Volume
34
Issue
1
Start Page
57
End Page
87
ISSN
05830362
Published Date
1990-05-30
NCID
AN00107522
Publisher
島根大学法文学部
Publisher Aalternative
The Faculty of Law and Literature, Shimane University
NII Type
Departmental Bulletin Paper
OAI-PMH Set
Faculty of Law and Literature