Title Transcription
オヤコカン ノ フドウサン ムショウ リヨウ カンケイ ニツイテ ゲ シヨウ タイシャク ホウ ノ サイ コウチク
Title Alternative
Sulle raporti di gratuito godimento fra la filiazione
File
Thumnail a001003904h004.pdf 6.76 MB ( 限定公開 )
language
jpn
Author
Okamoto, Shoji
Description
一 問題の所在と視点
 1 親族間の無償利用 2 本稿の課題 3 本稿の視点
二 民法五九七条の規範構造
 1 民法五九七条の「使用目的」 2 制度の沿革 3 現行法の立場
三 「使用目的」の解釈と解約・解消理論(学説の状況)
 1 無償利用関係の理論構成 2 無償利用契約の解約・解消法理(以上本誌39巻1号)
四 「使用目的」の意義と「原因」論(私見)
 1 「使用目的」の意義
 2 「原因」の崩壊と解約・解消論
五 判例の紹介と分析
 I 親子間の無償利用関係の構造
  1 使用貸借否定例
  2 使用貸借肯定例
  3 地上権肯定例
  4 小括(以上39巻2号)
 II 親子間の無償利用関係の消長
  一 民法五九七条による終了原因
   1 「使用目的」の定めがない場合(民五九七条三項)
   2 「使用目的」の定めがある場合(民五九七条二項)
   3 「使用目的」が返還時期を限定しうる場合(民五九七条二項本文・但書)
   4 「使用目的」が返還時期を限定しえない場合
   5 小括(以上39巻3号)
  二 その他の終了原因
六 いくつかの問題
   1 使用借権の対外的保護
   2 使用借権の相続性
七 結語(以上39巻4号)
Journal Title
島大法学
Volume
39
Issue
4
Start Page
111
End Page
178
ISSN
05830362
Published Date
1996-02-25
NCID
AN00107522
Publisher
島根大学法文学部
Publisher Aalternative
The Faculty of Law and Literature, Shimane University
NII Type
Departmental Bulletin Paper
OAI-PMH Set
Faculty of Law and Literature