File
language
jpn
Title Transcription
ヘイメン ジュギョウ コウセイ ケンキュウ ニ ツイテ : キョウカ ナイヨウガク ケンキュウ ノ ドウコウ オ フマエテ
Title Alternative
Study on Teaching Contents of Painting : Based on the Trend of Study on Teaching Contents
Author
Description
本研究は今日の教科内容学研究の動向の中で,筆者が行っている授業「平面授業構成研究」の位置と意義を明らかにすることが目的である。そのため,まず教科内容学研究の全体像を俯瞰し,その中で美術における教科内容構成がどのように行われているかを検証した。結果,理念や内容構成に関する確定的な共通原理は見いだせなかった。次に島根大学教育学部で行っている「教科内容構成研究」をもとにして,筆者の「平面授業構成研究」授業を紹介した。筆者は絵画の教科内容を「形式,内容,文化,技法」の4要素から構成するものとし,近・現代の新しい形式・技法の表現を,その教科内容から解釈し教授している。その後受講生に制作演習と教材作成を課すことで,絵画の専門性を教科内容として捉え,現場の授業と関連する実践的内容に結びつけられることを示した。
The purpose of this paper is to define the meaning of the subject named "Teaching Contents of Painting" which I give among the trend of recent studies on teaching Contents. First, I look over the studies on teaching contents and verify the subject content studies in fine art. But it was no common point of those studies on teaching contents. Then I introduce my lesson based on "study on teaching contents" which is taught in the Department of Education at Shimane University. I take the teaching contents of painting as its Form, Contents, Culture and Technique, and reach the modern and contemporary expressions and make students practice and make teaching materials on "Teaching Contents of Painting" class. I show the method which can tie the special contents of painting to the actual lessons.
Subject
教科内容学
教科内容構成
教科専門教員
Journal Title
美術教育学研究
Volume
47
Start Page
31
End Page
38
Published Date
2015-03
NCID
AN10521007
Publisher
大学美術教育学会
NII Type
Journal Article
Format
PDF
Rights
大学美術教育学会
Text Version
出版社版
OAI-PMH Set
Department of Art and Music Education, Faculty of Education