Title Transcription
ゲンダイ ミンポウガク ニオケル カンケイテキ ケイヤク リロン ノ ソンザイ イギ ヨンカン ウチダ タカシ キョウジュ ノ ショセツ ニタイスル ヒトツ ノ ヒハンテキ ヒョウチュウ
Title Alternative
Die Bedeutung der Lehre vom 》Relational Contract《 in der gegenwartigen Zivilrechtswissenschaft(4)
File
Thumnail a001003902h002.pdf 7.59 MB ( 限定公開 )
language
jpn
Author
Kawasumi, Yoshikazu
Description
一 はじめに
二 内田《関係的契約理論》の実像
   −その成立過程と到達点−
三 内田《関係的契約理論》の学説史的背景
   −日本民法学説(戦前)の「傾向」と<法と社会>モメント− (第37巻第4号)
四 内田《関係的契約理論》の理論的対抗軸
   −内田理論が対決を避けたもの−
 (一)序−内田理論の<前提>としての星野「契約」理論ならびに内田教授による伝統的古典的契約法批判の意味
 (二)いわゆる「伝統的古典的契約」の歴史像とその存在意義−広中俊雄教授の契約法論を中心に (38巻1号)
 (三)いわゆる「契約(法律行為)の解釈」について−原島重義教授の法律行為論・「契約の拘束力」論を中心に
 (四)小括   (第38巻第3号)
五 内田《関係的契約理論》を支える裁判例の批判的検討
   −内田理論における裁判例の意味するもの(その中間的考察)−
 (一)序−考察の射程
 (二)中間的考察(1)−契約《成立》と内田理論
 (三)中間的考察(2)−契約《関係》と内田理論
 (四)小括−残された課題
六 結語(第39巻3号)
Journal Title
島大法学
Volume
39
Issue
2
Start Page
51
End Page
124
ISSN
05830362
Published Date
1995-08-31
NCID
AN00107522
Publisher
島根大学法文学部
Publisher Aalternative
The Faculty of Law and Literature, Shimane University
NII Type
Departmental Bulletin Paper
OAI-PMH Set
Faculty of Law and Literature