Title Transcription
フトウ リエキホウ ニ オケル シュッピ セツヤク カンネン ノ イギ ヒトツ ノ ヒハンテキ コウサツ
Title Alternative
Die Bedeutung vom Gedanke "Aufwendungseraparnis" im Bereicherungsrecht : eine kritische Betrachtung
File
Thumnail a001003402h001.pdf 4.52 MB ( 限定公開 )
language
jpn
Author
Kawasumi, Yoshikazu
Description
一 はじめに
  −《類型論》の展開と「出費節約」観念の位置づけ−
二 わが国の法状況
  −法典調査会での議論を中心に−
三 ドイツの法状況
  −伝統的見解内部の「二つの立場」と主要判例の動向・その新展開−
四 私見の呈示
  −いくつかの<設例>の検討を通じて−
五 むすび
  −整理と今後の課題−
Journal Title
島大法学
Volume
34
Issue
2
Start Page
1
End Page
47
ISSN
05830362
Published Date
1990-08-15
NCID
AN00107522
Publisher
島根大学法文学部
Publisher Aalternative
The Faculty of Law and Literature, Shimane University
NII Type
Departmental Bulletin Paper
OAI-PMH Set
Faculty of Law and Literature