number of downloads : ?
File
Thumnail jjpnsocclincytol52_6_540.pdf 3.94 MB ( 限定公開 )
language
jpn
Title Transcription
シマネケン ノ 20ダイ ジョセイ ニ タイスル ケイタイ メールマガジン ニヨル シキュウ ケイガン ケンシン ジュシン カンショウ プログラム
Title Alternative
A sustained sex education program to improve participation rates in Pap smear tests for Women in their 20s
Author
Description
目的 : 20 代女性の子宮頸がん検診受診率向上を目的として携帯メルマガによる継続的性教育介入を行い, 子宮頸がん検診受診・HPV ワクチン接種行動を追跡した. ランダム化比較試験により介入効果を検討した.  方法 : 20 代女性に, 本研究について説明し登録のあった 389 名を対象とした. 携帯メールを用いたランダム割り付け無記名アンケート登録システムにより無作為に対象を 2 群に分け, 普通教育群 192 名と強化教育群 197 名に割り付けた. 普通教育群は講演後 1 ヵ月から 3 ヵ月ごと, 強化教育群は毎月, 1 年間メルマガによる性教育プログラムを送付し, 翌日に頸がん検診受診・ワクチン接種についてメールアンケートを行った.  成績 : 普通教育群 : 強化教育群で, メールアンケートの回答率は 33.3% : 35.5%, メルマガ送付 1 年以内の頸がん検診受診率は 9.4% : 11.4%, ワクチン接種率は 9.4% : 11.4%であった.  結論 : 性教育介入後, 普通教育群, 強化教育群において頸がん検診受診率, ワクチン接種率に有意差はなかった. 携帯メールを用いた登録回答システムの運用方法が確立され, 今後さまざまな教育介入効果の評価へ幅広く応用可能と考えられた.
Subject
Women in their 20s
A sustained sex education program provided via E-mail
Aiming at improving participation rates in Pap smear test
Journal Title
The journal of the Japanese society of clinical cytology
Volume
52
Issue
6
Start Page
540
End Page
544
ISSN
03871193
Published Date
2013-11-22
DOI
DOI Date
2016-06-23
NCID
AN00198721
Publisher
日本臨床細胞学会
Publisher Aalternative
The Japanese Society of Clinical Cytology
NII Type
Journal Article
Format
PDF
Resource URL(IsVersionOf)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjscc/52/6/52_540/_article/-char/ja/
Rights
Copyright © 2013 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会
Text Version
出版社版
Gyoseki ID
e17422
e29775
OAI-PMH Set
Health Service Center
Remark
本誌は、J-STAGE(https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjscc/-char/ja/)で発行から10年経過後に無料公開されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加