number of downloads : ?
File
language
jpn
Title Transcription
オフィス キノウ ノ リッチ ニ カンスル ケンキュウ ノ ドウコウ ト カダイ : ブンサン ト サイシュウチュウ ノ シテン オ チュウシン ニ
Title Alternative
Trends and Issues in Studies on the Location of Office Function :Decentralization to Recentralization
Attribute
総説
Author
Kikuchi, Yoshiyuki Japan Real Estate Institute
Description
1980年代後半以降,郊外核の成長や情報通信技術の発達により,それまでのオフィス機能の立地が抜本的に変化しつつあると指摘されるようになった.特にガローの示したエッジシティは,従来のオフィス機能の立地に関する研究に,肯定的にも懐疑的にも大きなインパクトを与えた.そこで本稿では,エッジシティが提示された1990年代以降の北アメリカ,西ヨーロッパ,日本の3地域におけるオフィス機能の立地研究を,面的な分散と再集中の視点から整理した上で,オフィス機能の立地に関する研究の地域的な差異と,その背景を検討した.3地域における研究動向の整理の結果,北アメリカのオフィス立地研究ではグローバリゼーションとの関わりによる脱中心化と再中心化が論点になっているのに対して,西ヨーロッパでは都市政策や社会的・経済的な発展段階とオフィス立地との関係が主要な論点となっていることが明らかになった.今後,日本においても分散や再集中がその都市独自の動きなのか,都市システムの再編やグローバリゼーションに基づく広範な傾向なのかを明らかにするために,都市間,地域間での比較を通した実証的研究の蓄積が必要である.
Subject
オフィス機能
分散
再集中
エッジシティ
多核的都市地域
Journal Title
地理学評論
Volume
83
Issue
4
Start Page
402
End Page
417
ISSN
18834388
Published Date
2010
DOI
NCID
AA11591990
Publisher
日本地理学会
NII Type
Journal Article
Format
PDF
Resource URL(IsVersionOf)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/grj/83/4/83_4_402/_article/-char/ja/
Rights
日本地理学会
Text Version
出版社版
Gyoseki ID
e16189
e29581
OAI-PMH Set
Other
このエントリーをはてなブックマークに追加