ダウンロード数 : ?
タイトルヨミ
ショクブツ ニオケル γ アミノサン GABA ノ セイリ キノウ ノ カイメイ : GABA ノ ジュヨウ オヨビ ブンカイ ニカカワル シンキ タンパクシツ ノ タンリ ドウテイ
ファイル
言語
日本語
著者
内容記述(抄録等)
植物においてγ−アミノ酪酸(以下GABA)は,細胞内pH の調節,浸透圧の調節,食餌に対する防御物質として働いていると考えられているが,最近になって,シグナル物質としての機能も有することを示唆する実験結果が得られている。しかしながらこれまでに,GABA がシグナル物質として機能する上で重要だと考えられるGABAの受容および速やかな分解に関与するタンパク質は単離・同定されていない.本研究ではこれらのタンパク質の探索を行った.
掲載誌名
島根大学生物資源科学部研究報告
14
開始ページ
47
ISSN
13433644
発行日
2009-09-30
NCID
AA1112906X
出版者
島根大学生物資源科学部
出版者別表記
Shimane University, Faculty of Life and Environmental Science
資料タイプ
紀要論文
部局
生物資源科学部
備考
1-12+ / 1996-2007
このエントリーをはてなブックマークに追加