ダウンロード数 : ?
ファイル
Thumnail ser90_1.pdf 9.36 MB
言語
日本語
タイトルヨミ
モジドオリ デナイ イミ エノ トイカケ : レヴィ=ストロース ノ ヒカク
著者
出口 顕 島根大学法文学部
三尾 稔 国立民族学博物館研究戰略センター
内容記述(抄録等)
誤解というありふれた現象の比較をレヴィ=ストロースの神話分析を出発点として考察する。誤解というコミュニケーション不全を引き起こす一因として,「蜜から灰へ」では文字通りの意味と比喩的意味という対比が言及される。比喩的意味とは,シニフィアンとシニフィエが直接対応しないことであるが,文字通りの意味も実はその一形態であり,シニフィアンとシニフィエの不整合はシーニュ(語)全般に言えることである。それゆえメッセージは誤解と切り離せないのである。ついでレヴィ=ストロースとは異なる観点からではあるが,文字通りの意味と比喩的意味のずれについて論じたエヴァンズ=プリチャードとリーンハートのアザンデとディンカの研究を検討する。エヴァンズ=プリチャードの研究からは同一の言語ゲームを共有する「共同体」とは,わかり合えないかもしれないことをわかり合っているものたちのことだと考えるべきではないかという視点が提示される。リーンハートのパララックスの概念からは,西洋思想史の中での「自然」という語の再検討が導かれ,「自然」は,レヴィ=ストロースのいう「象徴値ゼロのシーニュ」であることが示される。それはまたレヴィ=ストロースの構造概念が,体系的なものではなくメッシイなものであることを明らかにしてくれる。
主題
レヴィ=ストロース
象徴価ゼロのシーニュ
比喩的意味と文字通りの意昧
誤解
掲載誌名
国立民族学博物館調査報告
90
開始ページ
97
終了ページ
123
ISSN
13406787
発行日
2010-03-31
NCID
AA11751099
出版者
国立民族学博物館
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
関連情報URL(IsVersionOf)
http://hdl.handle.net/10502/4465
権利関係
国立民族学博物館
著者版/出版社版
出版社版
部局
法文学部 社会文化学科
このエントリーをはてなブックマークに追加