ダウンロード数 : ?
ファイル
言語
中国語
著者
丁 雷
内容記述(抄録等)
日本の大学における第二外国語としての中国語教育では,多くの教員が中国語の声調の訓練を重視している。しかし,実際の授業から見れば,これらの声調の訓練は単音節声調に重きをおくことが比較的多く,双音節声調に関する専門的な解説や双音節声調の特性に合わせた訓練などがなお欠如している。周知のとおり,実際のコミュニケーションでは,双音節声調の出現頻度は単音節声調よりはるかに高い。したがって,双音節声調の教育・訓練の実態からすれば,このような声調訓練はもはや言語応用から脱線しているのである。脱線に至った原因は,中国語の教員が如何に単音節声調と双音節声調との関係を認識するかにあるものと考えている。
掲載誌名
島根大学外国語教育センタージャーナル
8
開始ページ
69
終了ページ
76
発行日
2013-03
NCID
AA12094594
出版者
島根大学外国語教育センター
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
(旧組織)外国語教育センター
このエントリーをはてなブックマークに追加