ダウンロード数 : ?
ファイル
言語
英語
著者
秦 利之
Kinose, Teruyasu
村尾 文規
内容記述(抄録等)
In a fetus with dysrhythmia, the prenatal diagnosis of supraventricular premature beat was made in utero, using fetal M-mode echocardiography and electrocardiogram. Fetal two-dimensional ecnocardiography in the antenatal period revealed no evidence of structural anomalies of the fetal heart. Postnatally, the supraventricular premature beat disappeared within one week.
主題
fetal echocardiography
fetal electrocardiogram
supraventricular premature beat
掲載誌名
Shimane journal of medical science
8
1
開始ページ
9
終了ページ
15
ISSN
03865959
ISSN(Online)
24332410
発行日
1984-06-01
NCID
AA00841586
出版者別表記
Shimane Medical University
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
著者版/出版社版
出版社版
部局
医学部
このエントリーをはてなブックマークに追加