ダウンロード数 : ?
ファイル
言語
英語
属性
原著論文
著者
古谷 聡史 島根県立中央病院
佐藤 秀一 肝臓内科
高下 成明 島根県立中央病院
塚野 航介 島根県立中央病院
Ogawa, Sayaka 島根県立中央病院
山之内 智志 島根県立中央病院
楠 龍策 島根県立中央病院
相見 正史 島根県立中央病院
宮岡 洋一 島根県立中央病院
藤代 浩史 島根県立中央病院
山本 智彦 島根県立中央病院
大沼 秀行 島根県立中央病院
内容記述(抄録等)
Objective: We aimed to evaluate the diagnostic accuracy
of shear wave elastography( SWE) for the assessment
of liver fibrosis in patients with liver disease.
Methods: A total of 54 consecutive patients who underwent
SWE measurement and liver biopsy were included.
Receiver-operator characteristic (ROC) curves
were constructed to calculate the area under the ROC
curve( AUC) for F0-2 versus F3-4 and F0-3 versus F4.
Results: Fibrosis scores estimated by SWE were F0 for
9 cases, F1 for 18 cases, F2 for 11 cases, F3 for 9 cases,
and F4 for 7 cases. AUCs for severe fibrosis (F3 and
F4) and cirrhosis (F4) were 0.931 (P < 0.001) and
0.916 (P < 0.001), respectively. Shear wave velocity
correlated significantly with liver fibrosis obtained by
liver biopsy( r = 0.679, P < 0.001).
Conclusion: SWE is a useful and non-invasive technology
to estimate liver fibrosis in liver disease regardless
of etiology.
主題
chronic liver disease
liver fibrosis
shear wave elastographycoronary
掲載誌名
Shimane Journal of Medical Science
34
2
開始ページ
47
終了ページ
53
ISSN
03865959
ISSN(Online)
24332410
発行日
2017-12-31
NCID
AA00841586
出版者
Faculty of Medicine, Shimane University
出版者別表記
島根大学医学部
資料タイプ
紀要論文
ファイル形式
PDF
権利関係
Faculty of Medicine, Shimane University
著者版/出版社版
出版社版
部局
医学部 医学科
このエントリーをはてなブックマークに追加