ダウンロード数 : ?
ファイル
言語
日本語
著者
小林 聡
高見 和之
内容記述(抄録等)
F0の高さおよび変化により、聞き手がどのようなパラ言語情報を受け 取るかについて、多義的な2モーラ語「ええ」を対象として、各モー ラのF0を変えた合声音声を75種類作成し、その聴取実験を行なった。 聴取実験では、各被験者は45種類の音声を聴取し、それぞれの聴取に おいて24 個の印象語の各々について得点を付けた。その結果に基づ き、F0の高さや変化により、どのようなパラ言語情報が受け取られる かについて検討した。定性的分析による分類において、F0の高さおよ び変化に基づき、印象語を6つのグループに分類した。また、クラス ター分析による定量的分析による分類においても、概ね同様のクラス ター群を得た。
主題
パラ言語
F0
感情
態度
意図
掲載誌名
電子情報通信学会技術研究報告
108
116
開始ページ
121
終了ページ
126
ISSN
0913-5685
発行日
2008-06-27
出版者
電子情報通信学会
資料タイプ
テクニカルレポート
ファイル形式
PDF
権利関係
電子情報通信学会
部局
研究・学術情報機構 総合情報処理センター
このエントリーをはてなブックマークに追加