ダウンロード数 : ?
Title Transcription
カンゴガクセイ ノ ダイガクセイカツ ニ オケル ストレス ト サポート
Title Alternative
Stress and Support in the University Life of Nursing Students
File
language
jpn
Attribute
Research report
Author
Ozasa, Yoshiko Department of Community Health and Gerontorogical Nursing
Morioka, Saki Hiroshima City Koi Elementary School
Fukuoka, Rie Department of Community Health and Gerontorogical Nursing
KOZAKURA, Saya Matsue Red Cross Hospital
Iwasa, Honami Sakaiminato City Sakai Elementary School
Morishige, Yuka JA Onomichi General Hospital
Description
看護学生が大学生活において感じる学年別ストレスの特徴とソーシャルサポートに関
する認識を明らかにするため、2014 年9月~10 月にA大学看護学科1~4年生265 名を対象に無
記名自記式質問紙調査を行った。調査項目は、ストレス反応尺度、自作したストレッサー項目、
サポートを求める対象、友人ソーシャルサポート尺度である。分析は学年別に記述統計を行った。
ストレス反応得点の高い看護学生が3割、友人ソーシャルサポート得点の低い看護学生が1割
いた。学年では3年生のストレスが高くなっていた。看護学生は教員との関係、実習、将来に関
することにストレスを感じ、サポートを求める相手として友人や家族を選んでいた。ソーシャル
サポートでは「成し遂げたときおめでとうと言ってくれる」「元気づけてくれる」が高かった。
ストレスを軽減するために友人同士で協力し合う関係を築くとともに、教員が気軽に相談できる
存在になることも必要だと考えられる。
Subject
看護学生
ストレス
ソーシャルサポート
Journal Title
Bulletin of Shimane University Faculty of Medicine
Volume
40
Start Page
69
End Page
76
ISSN
1880084X
Published Date
2018-03-31
NCID
AA12049432
Publisher
島根大学医学部
Publisher Aalternative
Faculty of Medicine, Shimane University
NII Type
Departmental Bulletin Paper
Format
PDF
Rights
島根大学医学部
Text Version
出版社版
OAI-PMH Set
School of Nursing, Faculty of Medicine
このエントリーをはてなブックマークに追加